次期シエンタ フルモデルチェンジ予想!発売時期を2022年と考察

トヨタの情報

小型サイズのミニバンとして人気を誇るシエンタだが、3代目となる次期型へのフルモデルチェンジについて今回予想と考察をする。

ライズやルーミーの台頭により、シエンタは以前よりも勢いが落ち着いているが次期モデルでどのような巻き返しをしてうるのか注目だ。

次期シエンタ フルモデルチェンジで活用されるTNGAプラットフォームの予想

トヨタの今後のミニバンとして次期ヴォクシ、ノア、次期アルファード等にはミニバン用に設計されたTNGAプラットが活用される見通しだ。

一見、次期シエンタにも同じくそのミニバン用TNGAプラットフォームが活用されるようにも思うが、5ナンバーサイズを維持するためには、別のプラットフォームを活用すると推測。

それには、新型ヤリスで採用されたTNGA-Bプラットフォームをベースに、車体後半分んを専用に設計するなどした方式が取り入れられる可能性がある。

なぜならば、現行シエンタが車体前半をアクア、車体後半を専用設計というシャーシ設計を取り入れているからだ。

小型ミニバンという部分が売りのシエンタだからこそ、次期型でも3ナンバー化が必須となるミニバン用TNGAプラットフォームではなく、TNGA-Bをベースとしたシャーシ構成になるだろう。

次期シエンタ フルモデルチェンジで先進装備が大幅アップデート

ヤリスは発売時には、最新式のトヨタセーフティセンスや高度自動駐車支援システムのアドバンスドパーク採用等、クラウンなどの上級モデルにも採用されていない先進装備が採用されたことに注目が集まった。

次期シエンタには、トヨタセーフティセンス2.5やアドバンストパークに加え、新型ハリアーで採用されたドライブレコーダー付きミラーなどが採用される可能性は高いと言えそうだ。

次期シエンタのハイブリッドは新システム採用か

次期ヴォクシー、ノアに関する以下の記事でも紹介しているが、トヨタの新世代ハイブリッドシステムは次期ヴォクシー・ノアから採用される見通しとなっている。

次期ヴォクシー、次期ノアのフルモデルチェンジ予想情報!発売時期は2021年
次期ヴォクシーと次期ノアへとフルモデルチェンジする時期がせまっている。 安定した販売台数を誇る2台だが、次期モデル...

次期シエンタにもこの新型ハイブリッドが搭載される可能性は十分考えられる。

次期シエンタ フルモデルチェンジの時期を考察!日本発売は2022年と予想

次期シエンタがフルモデルチェンジする時期として予想するのはずばり2022年だ。

次期シエンタに活用を予想するTNGA-Bプラットフォームは、2020年にヤリスで初採用、そして2021年に次期アクアで熟成させ、その後2022年にミニバンにも活用できるようにシナリオが組まれているのではと推測。

また、次期ヴォクシー・ノアが2021年、次期アルファードが2023年に発売が有力視されていることを考えると、次期シエンタはその間の2022年と考えることもできる。

以上によって次期シエンタの発売時期は2022年と予想する。

続報にご期待いただきたい。

トヨタの情報
「トヨタの情報」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました