次期プリウス フルモデルチェンジ予想!発売時期予定とPHVの主役化を考察

トヨタの情報

ハイブリッドカーの先駆者と言えるプリウスだが、4代目となる現行型の発売から5年が経過し、そろそろ次期モデルが登場してもいいと言える時期とも言える。

そこでフルモデルチェンジ後の5代目プリウスに関して今回考察する。

次期プリウス フルモデルチェンジでPHVが主役になる可能性が高い

プリウスと言えばハイブリッドカーというイメージを抱いている方は多いだろう。

しかしながら、次期型ではPHVモデルが主役となる可能性が高いと推測している。

その理由は2つある。

5代目プリウスがPHV主導と予想できる理由2つ

理由①ハイブリッド普及の役割を完了した

一つ目はすでにプリウスがハイブリッドを普及させるという役目を終えたと言えるからだ。

これまで歴代プリウスはハイブリッド車を普及させる役割を担ってきた。

しかしながら、今やハイブリッド専用モデルさえ増え始めるほど、ハイブリッドは当たり前の存在となった。

だからこそ、次期プリウスは今度はハイブリッドの次となるPHV(プラグインハイブリッド)の普及を先導させる役割を持つ車になる可能性が高い。

理由②PHV,EVシフトへの流れが加速している

日本を含めて世界中で環境規制が年々強化されており、その対応の為、今後はPHVとEVの需要が大きく高まっている。

それだけではなく、PHVやEVに関しては単にエコカーという見方ではなく、モーター走行がメインとなるため”楽しく快適に走れる”というメリットが急速に知られ始めている。

モーター走行をした場合、エンジン音がないため静かで、走りもなめらかで快適に走りやすい。

またパワフルなモーターを使っている場合はスポーツカー並みの加速を味わうこともできる。

日産に関してはe-POWERや新型EVのアリア等ですでにそのようなメリットを訴求し始めている。

トヨタに関しても2020年にRAV4にPHVモデルを設定したが、その快適性と走りの良さが評判となり一気に販売を停止せざるを得ない程売れたことは記憶に新しい。

RAV4 PHVの人気は想定を大幅に超えるものだった

このRAV4 PHV人気の流れで、比較的低価格で購入できる新世代のプリウスPHVがデビューすれば、爆発的な人気を誇り、PHVを一気に普及させる可能性が高まる

次期プリウスPHVの価格を現行プリウス並みに抑えて、デザインの方向性させ間違わなければ3代目プリウスの時のような大ヒットが望める商品となるだろう。

次期プリウスのフルモデルチェンジの時期と予定は2022年と考察

次期プリウスに関しては、2021年登場の可能性は低いと推測している。

その理由は2つ。

一つは2020年7月に先進装備をトヨタセーフティセンス2.0へアップデートさせるやや大型な改良を行ったからだ。

この規模の改良があれば今後約2年程度はフルモデルチェンジはないと考えるのが自然だ。

2つ目は2020年2月に海外メディアのMOTOR1で出た今後のトヨタの新型車のリーク情報に次期プリウスに関する情報がなかったことだ。

これらを踏まえると、早くても次期プリウスの発売予定時期は2022年と推測する。

続報にご期待いただきたい。

トヨタの情報
「トヨタの情報」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました