次期フォレスター マイナーチェンジ予想!アイサイトXをD型の2021年に搭載か

スバルの情報

スバルの人気SUVのフォレスターの2021年のD型へのマイナーチェンジについて予想と考察をする。

次期フォレスター マイナーチェンジ予想!D型の2021年でアイサイトX追加の可能性は

フォレスターにアイサイトXが搭載されるタイミングを考えると、

  • ビッグマイナーチェンジのD型
  • 次期型へのフルモデルチェンジ時

この2つが推測できる。

これまでフォレスターとレヴォーグの装備を参考にしてみると、

〇2014年にレヴォーグにアイサイトver3搭載
→フォレスターは翌年2015年のマイナーチェンジでアイサイトver3搭載

〇2017年にレヴォーグにアイサイトツーリングアシスト搭載
→フォレスターは翌年フルモデルチェンジでアイサイトツーリングアシストを搭載

〇2020年の新型レヴォーグに1.8L新型ターボ搭載
→2020年ほぼ同じ時期にフォレスターの一部改良で同じ1.8L新型ターボ搭載

というように代替一年程度おくれて同じ装備が搭載されているケースが見られる。

これを考えると、2021年のマイナーチェンジでフォレスターにアイサイトXが搭載される可能性は高いと推測できる。

懸念するのは次期アウトバックとの差別化

ただ、一つ懸念するのは、2021年に発売が有力な次期アウトバックにもアイサイトX搭載の可能性があることだ。

スバルの国内フラグシップSUVのアウトバックに特別感とフォレスターとの差別化をするために、フォレスターへのアイサイトX搭載見送りの可能性はあり得る。

次期アウトバック フルモデルチェンジの日本仕様を予想!発売時期は2021年でアイサイトX等の独自仕様と考察
北米ではすでに発売中の新型アウトバックだが、日本仕様となる次期アウトバックのフルモデルチェンジに関して今回予想と考察をす...

フォレスターのマイナーチェンジ、2021年のD型でSTI Sport追加

アイサイトXだけでなく、新型フォレスターD型のもう一つのメインとなりそうなのがSTI Sportグレードの追加だ。

すでにフォレスターSTI Sportは東京オートサロン2019でコンセプトを公開済みだ。

2020年のインプレッサに続き、2021年にはフォレスターにSTI Sportモデルが追加されるはずだ。

なお、フォレスターSTIスポーツコンセプトでは「ファイターグレー」という専用カラーに加え、brembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパーが装備。

アルミホイールに関しては19インチとなっていた。

フォレスター2021年のD型 他の変更点予想一覧

D型フォレスターで他に変更を予想できるのは、以下の部分だ。

  • 外観デザイン改良(新型レヴォーグのようにターンランプ一体ポジションランプを採用)
  • リアゲートのスバルエンブレムに触れるだけでハンズフリーオープンするハンズフリーオープンパワーリヤゲートの設定
  • シートベンチレーションの設定
  • フル液晶メーターと11.6インチナビディスプレイ(アイサイトXが採用された場合)

どれも新型レヴォーグに準じた改良内容になる可能性を推測できる。

新型フォレースターD型の発売時期は2021年夏前後と予想

現行型のフォレスターは2020年のC型を除いてこれまで6月に改良を発表してきた。

このケースを考えるとD型の発表時期も2021年6月頃と推測。

スバルの情報
「スバルの情報」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました